top of page

(ご案内)日本学術会議公開シンポジウム

日本学術会議事務局より次のようなご案内をいただきましたので,お知らせいたします。


■--------------------------------------------------------------------

【開催案内】日本学術会議公開シンポジウム

 「科学的知見の創出に資する可視化(5)

ICT /ビッグデータ時代の文理融合研究を支援する可視化」

--------------------------------------------------------------------■

・日時:2020年12月12日(土)13時00分~16時30分

・場所:Zoomによるオンライン開催(配信拠点:立命館大学)

   *参加URLは,申込者にメールで連絡致します

・参加申込み:以下のURLよりお申し込み下さい

・参加費:無料

・主催:日本学術会議総合工学委員会

   科学的知見の創出に資する可視化分科会

・開催趣旨:

 近年、理系・文系を問わず、いわゆるビッグデータを第1次データとして、

これを ICT 環境のもとで活用して研究が行なわれるようになってきました 、

シリーズ5回目となる今回のシンポジウムでは、理系、文系の両方のアプロー

チで研究が行なわれているテーマを3つ選び、それぞれのテーマで、理系と文

系の両方から第一線の研究者あるいは専門家をお招きして講演していただきま

す。理系、文系を問わず,どなたでも御参加下さい。

・問合せ先:

  立命館大学情報理工学部 田中覚(stanaka*is.ritsumei.ac.jp

  慶應義塾大学理工学部 藤代一成(ifujishiro*keio.jp

  (*を@に変更)

最新記事

すべて表示

日本読書学会第1回公開セミナー「私の研究方法~読むこと・書くこと・話すこと・聞くことへのさまざまなアプローチ」を開催します

学会の知見を社会にひらくとともに、広く関心のある方々と対話の機会を設けるための公開セミナーを開催します。第1回公開セミナーのテーマは「私の研究方法~読むこと・書くこと・話すこと・聞くことへのさまざまなアプローチ」です。 読むことや書くこと、話すこと、聞くことは、私たちの日々を支えるコミュニケーションの基盤です。これらは、これまで、どのように研究されてきており、現在はどのようなことが未知なる課題とし

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page