top of page

論文の投稿を広く募っております

 ただいま,「読書科学」編集委員会では会員の皆様からの論文投稿を切に求めております。

 本誌は英語表記の“The Science of Reading”に示されるように,読書活動のみならず,読む・書くといったディスコース研究全般,国語教育,リテラシー研究など多くの研究領域が対象であり,間口は非常に広い学術雑誌です。これまでも英語教育,日本語教育,言語心理学,文章心理学,認知科学,ICT教育,言語に関する教育工学など,幅広い領域の研究を掲載してまいりました。また,基礎的な研究だけでなく,実践研究も大歓迎です。

 査読期間は約3週間です。投稿してから1ヶ月足らずで査読結果がお手元に届きます。このタイミングは日本の査読誌では,群を抜いて早い対応といえます。また,きめ細かく査読をしていきます。

投稿は随時受け付けております。読書やディスコースに関するデータを持っているけれど,どこに出したらいいか迷っている方はどうぞ,お気軽に「読書科学」にご投稿下さい。また,そのような方が身近にいらっしゃる場合には投稿を勧めて下さい。

最新記事

すべて表示

日本読書学会第1回公開セミナー「私の研究方法~読むこと・書くこと・話すこと・聞くことへのさまざまなアプローチ」を開催します

学会の知見を社会にひらくとともに、広く関心のある方々と対話の機会を設けるための公開セミナーを開催します。第1回公開セミナーのテーマは「私の研究方法~読むこと・書くこと・話すこと・聞くことへのさまざまなアプローチ」です。 読むことや書くこと、話すこと、聞くことは、私たちの日々を支えるコミュニケーションの基盤です。これらは、これまで、どのように研究されてきており、現在はどのようなことが未知なる課題とし

bottom of page